看護に目覚めたきっかけ

  • 2016.01.09 Saturday
  • 12:00
JUGEMテーマ:資格取得


こんにちはみゅーです

風邪ひいてませんか??

少し寒いですが、暖冬ということで、

例年よりも上着は薄くて助かりますね



今回はワタシが看護を志したきっかけをお話したいと思います

以前から自営業でなんとか食べていた私ですが、

はじめましてを読んでいただいた方はご存知の通り、

ワタシはシングルマザーとなりました。

その後自営業を立ち上げ、個人事業主となったのです。

しかしながら、不安定な収入と比例するように

他にも不安定なものがありました。

母子ともに精神面が不安定になってしまったのです。



みゅーのシングルの理由は 離婚です

離婚前は定職どころかパートにも出ていなかった

完全専業主婦だったもので

まったく外で証明するようなキャリアがありません。

なので、仕事は前から在宅でも続けられた

ウェブ関係の個人事業をはじめたのです

インターネットは詳しくなかったのですが、

パソコンに触れるのが好きだったワタシにとって

好都合でした。




しかし、世の中甘くはありません。

いきなり始めた個人事業で、しかもネットの世界でコネも実績もなく

ちょっと前まで主婦をしていた女性が やすやすと仕事をとれて、

仕事を貰い続けることは、至難の業でした

外にパートに出ようかな…そんなことを思いながら、求人誌を見つめたものです

しかし離婚当初、子供が不慣れな学校生活と、精神的な不安から

登校拒否になりはじめて、外に出て仕事をすることが難しくなりました




スポンサーリンク
 



 


家族は何より大切です

子供にこれ以上不安でさみしい思いをさせるわけには行かないと、

なんとか自宅で仕事をこなしました。

休みたい時は学校を休ませ、息抜きに付き合ったりしました。



虫取り.虫.虫あみ.


今のところ、看護師になりたいと思える材料はないですよね笑

今思うと、此の頃のワタシには想像もできない事が

待っていたんだな〜と思います。



子供の登校拒否は、子供自身がだんだんと心を整理してくれたおかげでしょう、

一年後には皆勤賞を目指すまでに整えてくれたのです。

子供のちからは凄いものがありますね。立ち直り、前を向く。

そのためのケアをするためにワタシはいる。

無理に行かせずに、家にいて良かった

ワタシは今、あの時の自分自身も褒めてあげたいと思います。


学校に行けるようになったので、自営業をつづけながらパートに出ました。


もちろんパートも選べるほどはありません。

なんせ、キャリアも資格もないのに、つい最近まで専業主婦です。

正社員なんてとんでもありませんでした。

今時新卒の方でも就職難だというのに、そりゃそうですよね。


職安で求人を見ていると、やたらと目に入るのが福祉関係です。

福祉か〜〜〜ヘルパーくらいなら資格をとれるかな?

なんて、そのときは軽い気持ちで静観していたのを記憶しています。

そう、介護福祉士やヘルパーさんの求人についでいっぱいあるな〜と思ったのが

看護師です。

そのときは看護師になろうなんてまだ思っていませんでしたが 笑



肝心のパートですが、いくつかまとめて面接申し込みしたところ

二つ目のところで採用をいただき、さっそく翌日からお勤めが始まりました

ほかの面接予定のところは正直に採用がきまりましたのでと、キャンセルの電話をいれました


整骨院でのパートで診療助手を経験することになったのですが

ここには看護師さんはいませんね。

しかしながら、その整骨院で経営されている別の施設もかけもちで務めさせていただくことになり

自営業合わせ、一気にトリプルワークになりました


※実はその後もうひとつ仕事をして、最高でフォースワーク?? しましたよ

 そのお仕事は一過性のものだったのですが、とても忙しくさせていただいて、

 これも子供たちが学校で元気に過ごしてくれているからだと感謝ばかりでした


その別施設が介護系のお仕事でしたので、ここで看護師さんの仕事をみて感激するわけです。

人に尽くすことが生きがいになる、

仕事姿を目の当たりにして自分にとって天職だと感じました



もともとよくある志望動機の1つですよね


もう仕事してる姿が輝いているのです、眩しいのです


そんなわけで、みゅーは看護師を意識するようになりました



でも、調べてみるとどうも看護学校は浪人も当たり前の狭き門

いま人気の資格である看護師への壁は高いことがあまり頭の良くないワタシでも分かりました。

う〜ん、じゃあいまから勉強しても間に合わないか〜…英語はちんぷんかんぷんだし



しかし、また別の看護師のママさんに背中を押してもらうのです

『受験するなら今年!だめなら来年にすればいい。まず今年受けるべき』


ワタシより年上のママさん、受験したのもワタシより年上の時だったとか。


30過ぎての一年は大きい、今年受けなさい


いま思えば神の声です。


そこから看護学校の入試を受けるための準備が始まったのです…!!




スポンサーリンク





 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

応援ありがとうございます


にほんブログ村


看護学生 ブログランキングへ

★1クリックで一票★
更新の励みにさせていただきます

スポンサーリンク



スポンサーリンク

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM