親知らず抜きま〜す…(恐怖)

  • 2016.02.02 Tuesday
  • 18:22



管理人のみゅーです


今回の備忘録は

親知らずです…

親知らずは別名8番
智歯と呼ばれるやっかいなアレです。


あ〜〜〜歯を抜くのが嫌いじゃない人なんて
いるんでしょうか??

怖くて仕方ありません…

て、

じつは 抜いてきました




ことの発端は葉が疼くような痛さと

口内炎ができまくってなんだこれ?!と

歯科を受診したことでして、

レントゲンをとって、歯科の先生に


『これはうちじゃ無理だな』


と、原因の親知らずを抜けないと言われて焦りました

ええ、焦りましたとも



『え?どういう…』

『○○病院の口腔外科にいい先生がいるから、

そこに紹介状書いてあげるよ』

どうも聞いてみると、神経に近い、骨にも当たってるかも

横向きに生えてるからCT撮らなきゃはっきりわからないので、

口腔外科を受診してください。

親知らずを抜くのが嫌なら、

痛くなるたびにレーザー受けに来るのも手だと。



う〜ん、学校が始まってからは何回も通うの結構大変そうだな


入学までに抜いちゃうか!!!


と軽い気持ちで抜歯を決意。




それはもう1ヶ月以上前の話…



受診してCTとって、予約してあれやこれやで一ヶ月後の手術。


やってきました

やってまいりましたよ!



次回、ダイレクトに手術中の感想を書き込みたいと思います。




ちなみに親知らずは20歳前後の親知らずがまだ柔らかく、

回復力もある時に抜くほうがいいんだと。

その頃に抜くと、

小顔になることもあるんだとか!



な、なんでスって!?



30過ぎると回復力が落ちて、わ、わたし!)

さらに年齢を重ねると親知らずはすっかり硬く出来上がってしまうので

抜くのも一苦労。

さらに高齢になると、常時服用しているおくすりなんかもで出して

その調整が加わったり、虫歯が進んで口内環境から整えないと

手術できなかったりするらしいですが、





逆に、

親知らずを高齢まで残しておくと、

他の歯がダメになった時に、代わりの歯としてなんらかの形で

活躍するらしいです。

(↑母が言ってました。ブリッジもできるし、本当に残しておけばよかったって)




よかったらワタシみゅーのダイレクト再現記事を読んで




わ、私もぬこうかしら…

もしくは、

やめとこうかな…




なんて思ってもらえるかもかも!!と、記事にあげようとおもった次第です



決めるのは自分ですが…こんなこともあるんだな〜っていう

いい例になれたので、ぜひ書きたいと思います!

※つまり、ちょっと普通じゃなかったってことで…




興味のない人はここでおいとましてもらってOKです:笑


ではでは、明日アップ予定ですよろしくお願いします





スポンサーリンク




 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

応援ありがとうございます


にほんブログ村


看護学生 ブログランキングへ

★1クリックで一票★
更新の励みにさせていただきます

スポンサーリンク



スポンサーリンク

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM