親知らず(智歯)を20歳前後で抜く 7つのメリット!?

  • 2016.02.03 Wednesday
  • 16:05



管理人のみゅーです!

最近親知らずを抜歯しました


親知らず語源の説は、

18〜24歳頃生え始めて、

その時期が親が亡くなった頃にあたるので、

親のことを知らない歯という説があるそうです。

昔は今ほど長寿でなかったためですね。


近年なら孫知らずでもなく、

ひ孫知らずでもおいつかないかもしれませんが


で、


みゅーが思いました、勝手な説として


『この親知らずが!!!』


という親不孝な子供に浴びせる有名な言葉(←意味わからない)がありますが、

自分の体をこんなに痛い目に合わせることから親知らずという名前がついたのだと

私は思います。(勝手に)


※本当に勝手な説作りましたね。でも現代版としていかがでしょう?



スポンサーリンク

 


手術が決まった際にに色々と自分なりに調べてみたので、

今後予定のある方もない方も、

参考になればと思い記事に上げさせていただきます。

ちなみに今から新生活を迎えるあなたにこそ読んでもらいたいと思います!!!

理由はのちほど☆


歯ブラシ.jpg

親知らずを抜くタイミング

これ書きたいから書いたような記事です

親知らずを抜くタイミングですが、

20前後が理想とされています。


親知らずがちょうど生え始めるのがこの頃で

メリットがたくさんあります!!
(私知らずにもうアラサーですが)



◎ 痛みが少なく済む

◎ 腫れが少なく済む

◎ なるとややこしい、智歯の虫歯というリスクがなくなる

◎ 歯周病のリスクが減る

◎ 麻痺等のリスクが少ない

◎ 女性の場合、妊婦・出産時抜歯ができない

◎ 小顔になれるかもしれない!




おっと、最後の小顔だけ気合が入ってビックリマークが…

アラサーの私には過ぎた話、

若い方にこの後悔の基軸を残すことで

希望を与えられると信じています

では順をおって理由をご覧下さい

熊が歯を痛がっている.jpg

◎ 痛みが少なく済む

親知らずは抜歯すると親知らずがあった部分には
骨や歯茎が盛り上がることで傷口を塞ぎ治ります。

先生に伺ったところ、
血が溜まって肉になるようなイメージだと教わりました
これが年齢を増すとなかなかうまく塞がらない!
ところが若い時に抜歯すると、傷口は早く綺麗に塞がります。
回復力の一番活発な20歳!さすが!



◎ 腫れが少なく済む

じつは親知らずは年齢を増すごとにかた〜くなります
20歳はは骨や歯が完成したてでまだ柔らかいのです。
硬いものを抜くのと、柔らかいものを抜くの、
どちらが綺麗に早く抜けるでしょう?
なっ氏の際、素早く抜くことで骨が空気に触れる時間を短くし
腫れが少なくて済むわけです。



◎ なるとややこしい、智歯の虫歯というリスクがなくなる

レントゲンを撮らないとわからないことが多い智歯の虫歯は
見つかった時にはかなり進行していて、神経に達していることも
智歯の虫歯はこわいんですよ〜
手術のための段階が増えたり、最もタチの悪い虫歯だと言われています



◎ 歯周病のリスクが減る

親知らずの生え方にもよりますが、
下の歯の場合大半が横向きかななめに生えてきます。
その際、親知らずの隣の歯と親知らずの間の歯周ポケットが
深くなるのですが、、深くなることにより歯周病が進みます。
症状がないため気づいた時には親知らずの隣の歯が揺れてきた
なんてことも… こ、こわい!



◎ 麻痺等のリスクが少ない

親知らずの根が完成してしまうと、親知らずの根元の近くにある
下顎官という大きな神経を傷つけて、出血が多くなったり
ひどい場合には麻痺が残ることも。

(↑麻痺の説明は手術前の同意書に記載されています)
まだ根っこが完成しきらない20歳前後ならこのリスクが抑えられます。



◎ 女性の場合、妊婦・出産時抜歯ができない

女性の場合、じつは妊娠中や出産時、女性ホルモンによって
歯周病や虫歯のリスクが高くなるため親知らずに痛みが出ることも。

そして抗生物質のお薬の服用ができない妊娠中、授乳中は
抜歯はできないため痛み止めで乗り切ることに。


◎ 小顔になれるかもしれない!

人によりけりですが、親知らずを20最前後で抜くと、
周りの骨が硬くなっていないために、親知らずがなくなったことで
横に張り出した骨が吸収されやすくなるそうです!!



以上が20歳前後で智歯の抜歯をする7つのメリットです!


 
やっときゃよかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
ショックをうけた女性.jpg


では、

30歳〜40歳の智歯抜歯

はどうなのか


これを見て私もう本当に早く抜けば良かったって
思ったのですが…



私はアラサーもうすぐアラフォー

みゅーくらいの年齢で
の親知らずを抜く場合どうなるのか調べました



歯周病のリスクが上がります
80%の30代が歯周病
かく言うみゅーも歯周病からくる痛みで歯科を受診しました。

この年齢で抜歯すると、
もうさっき述べたメリットの反対が

ダイレクトにのっかかってきます。

といいますか、きました。


歯周ポケットが埋まらず残ってしまう。

骨見えっぱなしとか嫌だな…

抜歯の時の痛みが半端ない。

腫れが長引く。

手術時間が長引く

回復が遅いんだコノヤロー



となります。




あと、もっと高齢の方になると、

全身のリスクが高まります。

高血圧や糖尿病など、あらゆる疾患から投薬等の条件により

すぐ抜歯、ということすら困難に

薬を止めたり、歯周病の治療から入るなどして

実際の抜歯までに数ヶ月を要することも多いです。




どうしても抜歯ができない場合は、緩和措置をとり、

現状の維持を優先することになります




高齢に限らず、親知らずが骨と一体化している場合もあります。

その場合、症状はほとんどでない上に自然に骨と一体化していくので

そっとしておきます

※う、うらやましい!




ちなみにみゅーの身内に

親知らずが全くない者もおります。

※レントゲンでまったく写らないんですって。

もともとの根がないそうな…


彼女が本当に羨ましいですが、

あるもんは仕方ない!


もう一本も今月中旬抜いてきます

その時にはまた記事に上げたいと思います。



まだ、口が大きく開かないんですけど

大丈夫なのかな…汗



今年の春に看護学校に入学したら、

若いクラスメートのみんなに教えてあげます!



『親知らず、抜くなら今だよ♥』



って




スポンサーリンク



 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

応援ありがとうございます


にほんブログ村


看護学生 ブログランキングへ

★1クリックで一票★
更新の励みにさせていただきます

スポンサーリンク



スポンサーリンク

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM