横断歩道の先にひとり、ちいさな女の子がいたら…?

  • 2016.03.19 Saturday
  • 10:10




管理人のみゅーです!

こんにちは☆彡


先日病院に行ってきました

その帰り道です

私が差し掛かった横断歩道の渡った先に

小さな女の子がいるのが目に入りました



年の頃は2才

大きく見ても3才くらいです


周りに親らしき大人はおりません



さあ、あなたならどうしますか?




スポンサーリンク
 



横断歩道は十字の交差点になっています

女の子が道路に飛び出しては大変なことです!

渡った先で乗っていた自転車を停めて、

女の子に駆け寄りました


驚く様子もなく女の子はぼーっと遠くを見ています

目線の先に親御さんらしき女性を見つけました

ベビーカーを押して、抱っこひもをして

ベビーカーの横に彼女より少し大きい女の子がいます。




どうやらお母さん?が横断歩道の先にいるようです

女の子に話しかけると、片言にあっちにいくといいます

ベビーカーに子供がいるかはわかりませんが、

少なくとも女性は2人の子供を連れています。

女の子も彼女の連れなら3人の子供をつれていることになるでしょう


お母さんが渡ったのに彼女がついていけなかったのではと

推測できましたが、あくまで私の推測です


「じゃあ、おばちゃんと一緒に行こうか

もうすぐ信号が青色になるからね

そしたらあっちに渡れるから、一緒に行こう

一人でよく待てたね、えらいね

手をつないでいい?」


女の子は手をつないでくれました


逃げられたりしたらと構えていたので


ほっと一安心です


横断歩道の先で母親らしき女性が待っています

やはりはぐれたのか、渡りそこねたのか、

子供がたくさんいるのは大変ですが

危うく事故を起こすところです


信号が青になりました


女性のもとへ女の子を連れて行きましたが、

手を引くでもなく、(ベビーカーを押しているので手は引けませんが…)

やはり先に先にと進んでいってしまいました

女の子は後ろからのんびりとついていきますが次第にまた距離があいていきます


『いっつもなのかな〜…?』


心の中でなんだかモヤモヤとしてしまいました


彼女は私に対してありがとうと言うことはありませんでした

女の子もそうです

いや、別にお礼をいってほしいってわけではないですけど…

これがもしも事故に…なんて考える方がおせっかいなのかな?

なんて

あなたならどうしますか?




スポンサーリンク
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

応援ありがとうございます


にほんブログ村


看護学生 ブログランキングへ

★1クリックで一票★
更新の励みにさせていただきます

スポンサーリンク



スポンサーリンク

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM