すべてに通じる目標設定の仕方

  • 2017.10.02 Monday
  • 12:00

JUGEMテーマ:看護学校

 

 

こんにちは、みゅーです!

 

今日は試験について、目標設定することの意味を

 

考えてみたいと思います。

 

わたしの目標は、

 

座学である終講試験では9割とる

 

つまり、90点以上をとる

 

ということにしています。

 

 

もちろん目標なので、

 

目指しはしますがその通りに行かないこともあります。

 

自身では8割取れれば上出来だと思ってきた

 

この人生経験の中でなぜ9割なのか、

 

についてお話しますね(-ω-)/

 

 

 

例えばですが、

 

ボールを渡されて、このAラインを超えるように投げてください

 

と言われたら、そのAラインを超えるように投げますよね

 

たいていの場合、そのAラインの手前か少し超えるかくらいの結果になることが多いです。

 

そのAラインが自分にとって余裕である、

 

と感じた人でも、そのAラインを大幅に超す!

 

という結果は、なかなかないんだそうで。

 

 

そこで、本来ならもっと投げられる人でも、

 

力加減をして、いい感じにそのライン周辺を狙うようになるんですね。

 

 

では、そのAラインを少し遠くして、自分が届かないかもしれないと

 

思えるレベル、Bラインにしてみましょう。

 

すると、人は必死に全力でそのBラインを越そうとします。

 

超えられない場合も多いです。

 

ただし、Bラインの手前に落ちたボールの測定値は

 

多くの場合、すでにAラインは軽く越しています。

 

 

 

このことからわかるように、目標は高すぎてはだめ!とよく言いますが、

 

本来目標とする値より、すこし背伸びした方がよい

 

と、みゅー自身は思うのです。

 

本来8割超えればいい

 

とおもっているみゅーが

 

9割を目標にして

 

今まで8割取れなかった教科が1つだけありますが、

 

それでもほどんどは本来の目標である8割を軽く超えてくれるわけです

 

ボールはたいてい9割付近に落ちます。

 

 

 

あと、社会人にとって不利である体力面は

 

これから実習でこそマイナスに働きます。

 

この実習面でのマイナスを、せめて座学で少しでも

 

プラマイゼロにしていきたいですね。

 

以上、恥ずかしながら、みゅーの目標の立て方でした

 

現役生も、社会人も、参考にしてもらえたらうれしいです★

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(*‘ω‘ *)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/10/20 8:43 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

応援ありがとうございます


にほんブログ村


看護学生 ブログランキングへ

★1クリックで一票★
更新の励みにさせていただきます

スポンサーリンク



スポンサーリンク

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM